人々が多く抱えているストレスは病気の原因になる可能性がある

ドクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

心が原因になっている

ドクター

心の問題で発症する症状

過度のストレスから病気になってしまう人もいます。病院で診察、治療を行っても治りにくかったり、完治するまでに時間がかかってしまう人もいます。こんな人はストレスが原因で病気を発症している危険があります。体の外に出てくる症状は往々にして自分の精神状態からくるものが多く、精神の不安定になっている原因を取り除くと体の外に出ている病気も比較的に早く治ってしまうことがあります。病院へ行って病状の回復が遅かったり、治療を行っているのに一向に症状が改善されない時は、心療内科を受診することが病気の完治には効果的です。心療内科は、体の外に出ている病気の治療はもとよりストレスなどで弱ってきている精神状態をカウンセリングを通して正常に戻していきます。不安定な精神状態が改善されることにより、体の外に出ている症状も早く回復するようになってきます。心理的な要因が原因で発症してしまう病気は胃や十二指腸の潰瘍、高血圧症、過敏性腸症候群や気管支喘息があげられます。これらは心身症と呼ばれている病気で発症までのきっかけが、心の状態に深く関わりを持っています。これらの病気が疑われるときには、迷うことなく心療内科を受診したほうが治療の効果が早く、完治するまでに時間がかかってしまうこともありません。心療内科の医師ならばおなかの痛みから心の病気もわかることがありますので、症状がなかなか良くならない時には心療内科を受診するようにしてください。心と体の病気を治してこそ質の高い生活を営むことができるようになります。

休日診療や夜間診療も

心療内科では、心に抱えている問題の解決も行ってくれますので、体と精神両面の状態を安定させることができます。心の問題は心が病気にかかっているから起こってくるとは断言はできません。体に出ている病状が精神の症状になって出てくることもあります。また、体に起こっている病気と心に起こっている病気が、両方一緒に出てきているときもあります。自分にとって最善の治療を受けるために、気になっている体の症状があれば医師にきちんと伝えることが大切になってきます。最近の心療内科ではカウンセリングルームを設けたり、クリニックなどでは照明や音楽などでリラックスができる雰囲気を出したり、サロン風な作りになっているところも多くあり受診しにくい雰囲気を最低限にとどめています。待合室も清潔でプライバシーが保たれるなど患者に安心感を与える配慮を行っている心療内科がほとんどです。ですから患者は何の心配もなく受診することができます。医師以外にも多くの専門家が加わって治療ばかりではなく、暮らしや仕事のサポートや制度利用の相談も行っています。ストレスがたまって診察に行きたいのに、仕事があってなかなか心療内科を受診できないという人もいます。ですが現在は医療機関によって診療時間も異なってきていますし、仕事の帰りに受診できるクリニックも多くなってきています。都市部のクリニックでは夜間の診療や休日の診療を行っていて、仕事をしている人でも通いやすいような配慮を行っています。仕事を休まず治療に行くことで、職場に要らぬ心配をかけずに済みます。